LIFE WORK COORDINATE 2018SS

ワークウェア コーディネート

サンプリングスナップ
CUCの各ブランドである『C’s CLUB』『HOP-SCOT』『DOGMAN』は、そろぞれのブランドごとのコーディネートはもちろん、ブランドの垣根を越えて組み合わせることによって生まれるコーディネートがある。今回は、2018年春夏の新商品を中心に既存の商品とも組合せながら、6種のコーディネートをご紹介。この記事を参考に、ご自身のワークスタイルに合わせたオリジナルの組合せを生み出して頂きたい。

COORDINATE

LIFE WORK COORDE 01-1
キッチリ×楽チンスタイル 実用性の追求が最も大切
現場で必要とされるワークウェアは、実用性を追求した先にある。撥水・防汚・高視認再帰反射プリント、ストレッチなど多機能なブルゾンとパンツ。通気性抜群、軽量な安全高輝度JIS対応安全ベスト。ワーカーのことを考えてこそ本当に必要なものが見えてくる。
LIFE WORK COORDE 01-1
ハードさを感じさせない 軽やかな感じがいまどき!
気負わないスタンスの装いが軽やかワークスタイルを演出。コーデ全体に柔らかな表情を作るラガーシャツにこだわりぬいたスリムシルエットのヘリンボーンパンツ。身体にフィットするストレッチ素材が作業性を損なわずグッとスタイリッシュに全体をまとめあげている。
LIFE WORK COORDE 01-1
どんな装いにもあわせやすい 丈夫なラガーシャツはマスト
生地感とシルエットが抜群のラガーシャツはどんなワークコーディネートにもハマる。厚手の生地だからハードな作業でもガンガン着てください。オンでもオフでも欠かせない1枚は気分を高めてくれる。パンツは特殊なバネ状分子構造糸を使った形状維持ストレッチで作業性抜群。
LIFE WORK COORDE 01-1
手抜きできない現場でこそ 抜群に高い機能性が光る
細部まで考え抜いたスタンダードデザインもさることながらワークウェアとしての機能性も群を抜いているドビーストレッチブルゾン/パンツ。さらにインナーは爽快冷却コンプレッションで快適作業を約束。この夏を乗り切れ!
LIFE WORK COORDE 01-1
見た目も着心地もこだわれ デニムツナギが間違いなし
国内バイオ洗い加工で雰囲気よく柔らかな風合いに仕上げ、インディゴの程よいアタリ感を表現した身頃はまさに本格デニムにふさわしい仕上り。男臭いツナギに抵抗があった人にこそスタイリッシュにカッコよくツナギを着こなしてほしい。気分が上がるこの細身のシルエットデニムを迷うことなくオンでもオフでもラフに着こなせ。
LIFE WORK COORDE 01-1
開放感をワイルドに演出 タフな男のタフな迷彩
気負わないスタンスの装いが軽やかワークスタイルを演出。コーデ全体に柔らかな表情を作るラガーシャツにこだわりぬいたスリムシルエットのヘリンボーンパンツ。身体にフィットするストレッチ素材が作業性を損なわずグッとスタイリッシュに全体をまとめあげている。

materials for products 01

THE RETURN
OF
ZIPPER FLY
SNAP FASTENERS

CHUSAN01

主張するオリジナリティー

materials for products 01

ボタンひとつで変わるその独自性と創造性

アメリカのゴールドラッシュに沸いた1870年代にワークウェアとして誕生した「デニムジーンズ」は1940年代には、ほぼ現代の原型となるスタイルに到着し、第二次世界大戦中には世界中に広まりファッションアイテムとして一般的に受け入れられるようになった。そのジーンズ創生時代からリベット、ジッパー、ボタンを生産し続けてきた「ユニバーサル」と「スコービル」の2大ブランドが培った製法技術などのDNAを継承し、ボタンの新しい表現を追及し続けているのが「YKKスナップファスナー」である。

  • detail_2-1
  • detail_2-2
  • detail_2-3
  • detail_2-4
detail_2-1
detail_2-2
detail_2-3
detail_2-4

The Way Of The Original

materials for products 01

120年前に創業したアメリカの最も古いファスナーメーカーであるユニバーサルファスナー社は、ジッパーのパイオニアであると同時にタックボタンや打ち抜きリベットなどジーンズの重要な部材を、アメリカの様々なワークウェアに供給し続けてきた。1896年には、ヴィンテージのワークウェアではお馴染みであるツープロングボタン(尖った2本の爪を折り曲げて固定しているボタン)の特許も取得し、たくさんのワークウェアブランドに採用されてきた。そんな長い歴史を受け継いだ日本のYKKスナップファスナーは、当時の時代考証を徹底的におこない、レトロな意匠や素材だけでなくヴィンテージさながらの風合いまで甦らせている。

detail_2-5
detail_2-6
detail_2-7

伝統を受け継ぎながら進化を続けるには品質にこだわる職人のものづくりに対する「真っ直ぐな姿勢」と創造性豊かな「遊び心」が必要である。

detail_2-8

ディテールへの執着

THE RETURN
OF
ZIPPER FLY
SNAP FASTENERS

CHUSAN01

ディテールへの執着

deep attachment to detail

ワークウェアーの原点はジーンズにある。

メジャーなデニムメーカーが脱ワークウェアに進む中、あくまでも労働者に着てもらうワークウェアに今もこだわり続けているのがCHUSAN。特に私たちは”ジッパー”と”スナップ”には特別なこだわりをもっている。

CHUSANの使用する”ジッパー”と”スナップ”のほとんどは世界ナンバーワン企業「YKK」。細かくはYKKファスニングとYKKスナップである。今や繊維の街児島、ジーンズ国産第一号で有名な児島、その知名度は全国区であるものの、生地やデザイン、加工、機能性ばかりが注目を浴びているのが現状。

作り手のこだわりをアナタにもっと知っていただきたい。

  • img_4721
  • img_4744
  • img_4708
img_4721

本社生産室スナップ保管トレー。自社商品に使用しているものも含め1,000以上ものトレーの中にぎっしりと整理され置かれている。サンプル作りには欠かせない。

img_4744

マニアにはたまらない、ファスナーコレクション。

img_4708

アタッチングマシン(取付機械)足踏機

img_4709

アタッチングマシン(取付機械)レーザーポイント照射半自動機