秋冬のオフィスを快適に!カドーの加湿器で乾燥知らずの職場環境を”の巻

以前、空気清浄機の選び方について社長ブログでご紹介しましたが、家電製品であれ、車であれ、自分を満たしてくれるものへのこだわりは強いです。
一度手に入れたものは、ボロボロになるまで惜しみなく使います。基本的に節約家であるため、物を長持ちさせることを心がけています。
今回は、そんなこだわりのある私の、この時期にお勧めするアイテムをご紹介します。それは、洗練されたデザインの家電製品で知られる「cado(カドー)」の加湿器です。

cado_1

実は、この時期、私の周りには「cado(カドー)」の加湿器が溢れています。自宅はもちろんのこと、通勤用の車内、会社の事務所、出張時のホテル用と、多岐にわたり「cado(カドー)」で統一しています。特にお勧めしたいのは、「STEM」というシリーズです。

cado STEM 630i

自宅の寝室やリビングにも「STEM」シリーズを置いています。お値段は税込49,800円(本体価格¥45,273)と、加湿器としては高価な部類に入りますが、そのデザインのクールさ、ノズルから力強く吹き出る蒸気、静かな運転音、夜になるとライトアップするスケルトンの給水タンクは、まさにセレブ感を演出してくれます。

次にお勧めするのは、「STEM」シリーズの「Portable」モデルです。名前の通り、携帯に便利なサイズで、車内や事務所のデスクトップ、出張時の持ち歩きにも最適です。
先ほどのSTEMとは異なり、サイズが小さいため蒸気の勢いは控えめですが、ホテルでの使用感には大満足しています。もし出張時にこれを忘れたら、家電量販店やセレクトショップで新たに購入するほど気に入っています。価格は税込21,780円(本体価格¥19,800)と、他の携帯用加湿器に比べて高価です。

cado STEM Portable

加湿器をより楽しむためには、別売りのフォレストウォーター4,268円(税込¥3,880)の使用をお勧めします。これを使えば、まるで森林浴をしているかのような感覚になり、日々のストレスを和らげてくれます。

cado フォレストウォーター 400mL<テンダーリーフ>

ただし、加湿器は使用すればするほど、メンテナンスが必要になる少し面倒な製品です。51歳になる私には、「喉や肌、心に潤いを与えてくれる人」はいませんが、せめてこの加湿器で潤いを補いたいと思います。少々お高い製品ですが、共感していただける方は、ぜひお買い求めください。

関連記事

社長ブログ

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事 おすすめ記事
  1. 働く人を刺激する「シビれるモノ」 空気も事務所も美しくする空気清浄機!の巻

  1. 「働き方と生き方の戦略」の巻

  2. DOGMANが注目を集める?

  3. 働く人を刺激する「シビれるモノ」何故だか安心するボールペン!の巻

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP